全日本選手権で白井の順位は?|4月9日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日開催されていた全日本選手権の個人総合で、内村航平さんが10連覇という偉業を達成しました。内村航平選手の偉業ばかりが注目されていますが、TVでリアル視聴していた身としては、白井健三選手の健闘も讃えるべきだと思い、ご紹介させていただきます!

全日本選手権|白井の順位は?

本日開催されていた全日本選手権、1位は10連覇の内村航平選手、2位は内村航平選手と同様、リオオリンピック団体金メダルの立役者となった田中佑典選手です。

では肝心の白井健三選手はと言いますと、…

なんと2人に続く3位でした!!

これって凄いことですよね!

白井健三選手と言えば、ひねり王子と称されたほど、その床協議における実力は疑いようがありません。実際、今回の全日本選手権でも桁違いの得点をたたき出していました。

ただ、個人総合で全競技となると、内村航平選手や田中佑典選手に及ばなかったというのが今まででしょう。しかし、今回は最後まで2人と接戦を繰り広げていました。

最終的な3人の得点はこちらです。

1位:内村航平選手 86.350点

2位:田中佑典選手 86.300点

3位:白井健三選手 86.100点

1位の内村航平選手と2位の田中佑典選手との差はわずか0.05点、内村航平選手と3位の白井健三選手との差ですら0.25点です。

これってかなり接戦ですよね。つまり、個人総合でも十分内村航平選手と戦えているということですよね。内村航平選手の引退後が心配されていた体操会ですが、白井健三選手が日本を背負うエースになるかもしれませんね!

さらに、4位の谷川航選手も、白井選手と同学年の選手です。得点は85.750点と、こちらも健闘しています。この結果を見ると、オリンピックが楽しみになりますよね。

スポンサーリンク

全日本選手権|白井の床は?

続いては、全日本選手権における白井健三選手の床の結果を見ていきましょう。

白井健三選手の床の得点は、

15.600点です!

これは、今大会の床の得点で1位ですね。ちなみに15点台をたたき出したのは、白井健三選手だけです。内村航平選手でも14.900点ですので、さすがの結果と言えるでしょう。

白井健三選手の全種目の結果は以下のようになっています。

床:15.600
あん馬:13.500
吊り輪:13.300
跳馬:14.850
平行棒:14.700
鉄棒:14.150

種目別に見た時に、1位の記録を出したのは床だけですが、跳馬や平行棒でも高い得点を記録しています。

ちなみに、今回の全日本選手権から採点方式が変わったようで、0.5点ずつぐらい点数が減少しているのに加え、減点も厳しくなったそうです。

この中でいかに高い得点が出せるかが注目ですね!

というかそもそもこの状況で15.60点を出す白井健三選手が凄いですよね。

※画像は『Twitter』から引用

スポンサーリンク