けちをつける、けちの本来の意味は?|ことば検定9月6日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月6日のグッドモーニングことば検定、本日の問題は「けちをつける、けちの本来の意味は?」です。

林先生のことば検定、問題「けちをつける、けちの本来の意味は?」に対する今日の答えはどれなのでしょう?

けちをつける、けちの本来の意味は?|ことば検定9月6日

本日9月6日のことば検定、問題は「けちをつける、けちの本来の意味は?」です。

これに対し、答えの選択肢はこのようになっています。

①縁起が悪いこと

②称賛すること

③まあまあ笑える

このうち本日の答えは、①縁起が悪いこと だと思われます。

③はけちをつけるではなく、結構ウケるだそうです。今日のダジャレは中々強引ですね…。

  スポンサーリンク
 

けちをつける、けちの本来の意味は?|ことば検定9月6日

けちは、もともと「けじ」と言われており、漢字では「怪事」と書きます。

「怪事」は縁起が悪いことという意味を持っていますので、「けちをつける」は相手にとって縁起が悪くなることを言う、という意味となったそうです。

  スポンサーリンク
 

「ぼくは麻理のなか」の最新話がこちら

>>ぼくは麻理のなか ドラマ7話が無料に!?

「パパ活」の最終回がこちら

>>パパ活のドラマ 8話が無料になるの!?