電話のもしもし、もしの元々の意味は?|ことば検定9月11日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月11日のグッドモーニングことば検定、本日の問題は「電話のもしもし、もしの元々の意味は?」です。

林先生のことば検定、本日も問題「電話のもしもし、もしの元々の意味は?」に対する答えを考えていきます。

電話のもしもし、もしの元々の意味は?|ことば検定9月11日

本日9月11日のことば検定、問題は「電話のもしもし、もしの元々の意味は?」です。

これに対し、答えの選択肢はこのようになっています。

①申し上げます

②こちらに注目

③洗濯する

このうち本日の答えは、①申し上げます だと思われます。

③の洗濯するは、もしもしではなくゴシゴシだそうです。

  スポンサーリンク
 

電話のもしもし、もしの元々の意味は?|ことば検定9月11日

もしもしのもしは、敬意をこめて呼びかける時に使う言葉です。江戸時代の時代劇などで、「もし、そこのお方~」と呼びかけるのと同じもののようです。

もともとは電話の交換手が、相手側に呼びかけるために使ったそうです。

もしもしと2回繰り返した理由はハッキリとしていませんが、当時は雑音が入りやすく、確認のために繰り返したのではないかと考えられています。

  スポンサーリンク
 

渡部篤郎さんと飯豊まりえさん出演の配信限定ドラマ「パパ活」はこちら

>>パパ活の動画 1話はどこで見れる?

>>パパ活のドラマ 2話の動画が無料!?

>>パパ活 3話の動画は無料で見れるの?

>>パパ活 4話の動画は無料で見れる!?