トリを務める、言葉の由来は?|ことば検定10月12日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月12日のグッドモーニングことば検定、本日の問題は「トリを務める、言葉の由来は?」です。

林先生のことば検定、問題「トリを務める、言葉の由来は?」に対する今日の答えはどれなのでしょう?

トリを務める、言葉の由来は?|ことば検定10月12日

本日10月12日のことば検定、問題は「トリを務める、言葉の由来は?」です。

これに対し、答えの選択肢はこのようになっています。

①ギャラを取る

②しりとり

③川島永嗣選手

このうち本日の答えは、①ギャラを取る でした。

③の川島永嗣選手は、トリを務めるではなく、とにかく止めるだそうです。

トリを務める、言葉の由来は?|ことば検定10月12日

トリを務めるは、もともとは江戸中期の寄席の言葉です。

当時、最後に登場する真打が全ての出演料をもらい、他の出演者に分配していたようです。

このことから、最後であるトリを務めるが、ギャラを取る意味をもったようです。

  スポンサーリンク