火中の栗を拾う、本来の意味は?|ことば検定11月2日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月2日のグッドモーニングことば検定、本日の問題は「火中の栗を拾う、本来の意味は?」です。

林先生のことば検定、問題「火中の栗を拾う、本来の意味は?」に対する今日の答えはどれなのでしょう?

本日11月2日のことば検定、問題は「火中の栗を拾う、本来の意味は?」です。

これに対し、答えの選択肢はこのようになっています。

①危険なことを率先

②他の人のために危険をおかして馬鹿な目に遭う

③写真週刊誌の特ダネ

このうち本日の答えは、②他の人のために危険をおかして馬鹿な目に遭う でした。

③は路チューの不倫を拾うだそうです。

火中の栗を拾うは、フランスの話が由来です。猿のために火の中から栗を取り出した猫でしたが、猿が全て食べてしまったという話でしたので、他人のために危険を冒すになるわけですね。

  スポンサーリンク