温度の単位、摂氏の由来は?|ことば検定1月22日

1月22日のグッドモーニングことば検定、本日の問題は「温度の単位、摂氏の由来は?」です。

林先生のことば検定、問題「温度の単位、摂氏の由来は?」に対する今日の答えはどれなのでしょう?

 

本日1月22日のことば検定、問題は「温度の単位、摂氏の由来は?」です。

これに対し、答えの選択肢はこのようになっています。

①古代中国の階級

②天文学者の名前

③マラドーナ2世

このうち本日の答えは、②天文学者の名前 でした。

 

③は、摂氏ではなくメッシのようです。

 

アメリカなどの一部の国では、摂氏ではなく華氏が使われます。摂氏は、スウェーデンの天文学者であるセルシウスによって考案されたもので、セルシウスは中国読みだと「摂爾思」となることから、摂氏となりました。

 

ちなみに、華氏はファーレンハイトという人物が考案したもので、中国読みで「華倫海特」となることから華氏となりました。

スポンサーリンク