10年に1匹のカニ|鉄腕ダッシュ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10年に1匹のカニが捕獲された映像が、5月14日の鉄腕ダッシュ内で放送されると話題になっています。

10年に1匹のカニとは、いったいどんなカニなのでしょう?鉄腕ダッシュ放送前に、予測してみましょう。

10年に1匹のカニ|鉄腕ダッシュ

東京湾で幻のカニといわれるものの一つが「イガグリガニ」で、カニとは言いますがタラバガニの仲間でヤドカリの一種なのだそうです。

水深180m~400mの深海に生息する体長15cmほどのカニで、全身にイガグリのようにとげだらけなのが特徴です。

スポンサーリンク

10年に1匹のカニ|鉄腕ダッシュ

少し小さめで細身の「コツノガニ」は少しエビに似ているようにも見えますが立派な蟹の仲間で、こちらも幻のカニと言われています。

水深200mの深海に生息し、体長は3cm程度ととても小さな蟹です。

甲羅がぼこぼことしており、頭に角があるのが特徴です。

スポンサーリンク

10年に1匹のカニ|鉄腕ダッシュ

真ん丸とした甲羅がかわいらしい「メガネカラッパ」も、東京湾で見られる珍しいカニの一種です。

水深30m~100mの砂地に生息し体長は12cm程度と小さめのカニで、まれに刺し網にかかることがあるようです。

目の周りの模様がメガネのように見えるのが名前の由来のようですね。

10年に1匹のカニ|鉄腕ダッシュ

ちなみにTOKIOは2016年1月18日放送の鉄腕DASHにて「幻のカニ」と呼ばれるノコギリガザミを発見しています。

東京湾で本種が発見されたのは過去に7例しかなく、専門家も驚くものだったようです。

今回はどんなカニが発見されたのでしょう?今から楽しみですね!

※答えは予想外のオウエンコウガニでした!

スポンサーリンク