家庭の医学。ビタミンDで認知症を予防!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のビートたけしさんの家庭の医学は、ビタミンDが認知症を予防するとの内容です。家庭の医学で放送されている、ビタミンDが認知症を予防することについて見ていきましょう。

家庭の医学。ビタミンDで認知症を予防!


ビタミンDとらなきゃ!!!認知機能と、足腰によき!衰えた細胞を修復してくれるとな!

ビタミンDが足腰と認知機能に関係してるらしいそうなので、これから意識してとろうとおもいます。

歴代総理大臣の顔と名前覚えてたらビタミンD豊富というのは…。あくまで目安でしょうけど年齢でかなり変わってきますよね。

スポンサーリンク

家庭の医学。ビタミンDで認知症を予防!

認知症防止には鮭だそうです。ビタミンD濃度上げる!これで名前もすらすら出てくるはず…

鮭ってビタミンDの濃度そんなに高いのか。

日本で有数のビタミンD 量を体内保有してるのが、新潟というのは。。 北海道と、どちらが食べる量が多いんでしょうね。

新潟県村上市 ビタミンDたっぷりな街だそうです。

新潟県の村上はビタミンDが多いから認知症少ないってことなのかな?
鮭食べてビタミンDいっぱい摂るのが大事なんだなー。明日から気を付けてビタミンDを摂らないといけないですね。

スポンサーリンク