血糖値はサーチュイン遺伝子で改善!家庭の医学

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の家庭の医学では、血糖値はサーチュイン遺伝子で改善すると放送されています。血糖値を改善するサーチュイン遺伝子について見ていきましょう。


たけしの健康番組で、相撲部の食事がサーチュイン遺伝子を活性化すると言うとんでも無い説明をしている。糖質をたくさん食べて、血糖が上がらないのは、サーチュイン遺伝子の活性の為と説明されています。

サーチュイン遺伝子はお腹が すごくすくとONになるんだよね?

空腹状態を続けるとサーチュイン遺伝子という老化予防の遺伝子が働きます。逆に満腹癖がついてしまうとこのサーチュイン遺伝子が眠ったままになってしまい動かなくなるのか…?

サーチュイン遺伝子を活性化さている相撲部員は血糖値安定している。朝ごはんを食べない、昼夜2食スタイルがいいのか?

相撲部のように、サーチュイン遺伝子を活性化させると血糖値が上がらないらしい。

スポンサーリンク