サーチュイン遺伝子を活性化する方法とは!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭の医学で放送されている、サーチュイン遺伝子を活性化する方法とはなんなのでしょうか?家庭の医学のサーチュイン遺伝子を活性化する方法について見ていきます。

サーチュイン遺伝子を活性化する方法とは!?家庭の医学

飢餓状態にするとサーチュイン遺伝子が働いて血管内の糖を細胞が吸収するそうです。つまり、絶食時間の長さがサーチュイン遺伝子を活性化させます。

サーチュイン遺伝子を活性化するのは、絶食時間の長さ。サーチュイン遺伝子が糖分を取り込むため、相撲部は血糖値が上がりにくい体を作っていた、ということなのか。

スポンサーリンク

サーチュイン遺伝子を活性化する方法とは!?家庭の医学

サーチュイン遺伝子をオン状態にすると、エネルギーが活性化し血糖値が上がりにくくなるそうです。 ちなみにその方法というのが絶食状態でいることです。

ただ、相撲部のように、朝食を抜くことは出来ないので、夕食の時間を早くすると似たような効果が得られます。朝を抜くより、夜を早やく食べて絶食時間を長くするんですね。

スポンサーリンク