カミツキガメをタマゾン川で捕獲!VSリアルガチ危険生物

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の「VSリアルガチ危険生物」は、「生き物にサンキュー!!」とコラボした3時間SPです。番組では、タマゾン川とも呼ばれる多摩川でカミツキガメの捕獲に挑戦します!

果たして、タマゾン川でカミツキガメを捕獲することはできるのでしょうか?今夜の「VSリアルガチ危険生物」が楽しみですね!

カミツキガメをタマゾン川で捕獲!VSリアルガチ危険生物

本日の「VSリアルガチ危険生物」では、ココリコの田中直樹さんと、鈴木奈々さんが多摩川でカミツキガメの捕獲に挑みます。

多摩川は、その生態系からアマゾン川にちなんでタマゾン川と呼ばれるほどです。果たして、危険生物カミツキガメをとらえることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

カミツキガメをタマゾン川で捕獲!VSリアルガチ危険生物

【東京多摩川カミツキガメ捕獲作戦】

山梨から東京、神奈川を流れる多摩川は、アマゾンにちなんで「タマゾン川」と言われるほど、様々な外来種、危険生物が発見されており、カミツキガメの目撃報告もあると言う。今回川崎漁協の山崎充哲さん協力の元捕獲に挑む!果たして捕獲なるか?

引用元:http://www.tbs.co.jp/vsrealgachikikenseibutu/

スポンサーリンク

タマゾン川のカミツキガメって!?

カミツキガメは、その名の通り、噛みついてくる危険性のあるカメです。気性が荒いうえに動きも俊敏で、警戒心も強いという絵にかいたような危険なカメですよね。

陸上では特に警戒心が強く、興味本位で触りにいくと、指を噛みちぎられるなんてことも…。動きが早いことに加え、首を伸ばして噛みついてくるため、リーチも長いのが厄介です。

もしカミツキガメを見つけても、不用意に触りにいかないようにしましょう。

カミツキガメ(Chelydra serpentina)は、爬虫綱カメ目カミツキガメ科カミツキガメ属に分類されるカメもしくはその総称。

成長したカミツキガメは凶暴で、動きはきわめてすばやい。名前が示す通りに噛む力が強く首が長く柔軟で(種名serpentinaは「ヘビのような」という意味)、一瞬で首を甲羅の上まで大きく反らして伸ばし噛み付く事が出来る。水から出されると口を大きくあけ、四肢を踏ん張って甲羅を持ち上げ、威嚇姿勢をとる。

引用元:wikipedia

ちなみに、カミツキガメは、以前TOKIOが鉄腕DASHで捕獲し、調理していました。さすがTOKIOですね!

くれぐれも真似しないようにしましょう。

※画像は『Twitter』から引用

スポンサーリンク