ラーテルは最も勇敢な哺乳類!?VSリアルガチ危険生物

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のVSリアルガチ危険生物では、最も勇敢な哺乳類と言われるラーテルが登場します。VSリアルガチ危険生物で最も勇敢な哺乳類とまで称される動物ラーテル、どんな動物なのか気になりますよね。

ラーテルは最も勇敢な哺乳類!?VSリアルガチ危険生物

今夜のVSリアルガチ危険生物では、最も勇敢な哺乳類と名高いラーテルが登場します。

一見するとかわいらしく、おとなしいように見えるのですが、その異名はだてではありません!

ラーテルは、ライオンやヒトにも立ち向かい、毒蛇も食べるそうですよ。なんとも恐ろしい生物ですよね。さらに、ラーテルは、「世界一怖い物知らずの動物」としてギネスブックに認定されたことがあるほどなんです!

スポンサーリンク

ラーテルは最も勇敢な哺乳類!?VSリアルガチ危険生物

【見かけによらずヤバい!リアルガチ危険生物】

一見弱そうな動物も生き残るために、実は自分よりも大きく強い相手を倒す術を持ち合わせているという。

その時、動物たちは危険生物へと豹変する・・・。

中でも、「最も勇敢な哺乳類」と言われる「ラーテル」は必見!!

引用元:http://www.tbs.co.jp/vsrealgachikikenseibutu/

スポンサーリンク

ラーテルは最も勇敢な哺乳類!?VSリアルガチ危険生物

ラーテルは、「世界一怖い物知らずの動物」としてギネスブックに認定されたことがある生物です。

ラーテルは、背中に皮の装甲を持っており、ひっくり返りでもしない限り、ライオンの牙や爪でも傷を負うことはありません。そのためか、ラーテルは時に、ライオンやスイギュウなどの大型動物に向かっていくこともあるのです。

さらに、ラーテルは毒ヘビを食べることもあります。普通に考えると毒にやられるのでは?と思いますが、ラーテルは神経毒に対して耐性を持っているんです。そのため、コブラでも食べることがあるようです。ちなみに、毒ヘビに噛まれると、さすがに一時的には動けなくなるそうですが、数時間で回復します。

ラーテル(Ratel、学名:Mellivora capensis、異名:ミツアナグマ)は、ネコ目(食肉目)-イタチ科-ラーテル亜科-ラーテル属に分類される、小型の雑食性哺乳類。本種のみでラーテル属を形成する。

好物の蜂蜜を巡って、ミツオシエ科の小鳥と共生関係にある。また、「世界一怖い物知らずの動物」とギネスブックに認定されていた生き物としても知られる。

※現在ではギネスブックの記録からは抹消されている。

引用元:wikipedia

「世界一怖い物知らずの動物」、恐るべき肩書きですねw

確かにライオンの爪でも耐えられるような皮膚を持っているのであれば、世界一怖いもの知らずになってもおかしくないですよね。

「世界一怖い物知らずの動物」ラーテル、放送が楽しみですね。

スポンサーリンク