サタプラで宇宙生活の新常識を紹介!野口聡一が解説【3月3日】

本日のサタプラことサタデープラスでは、最近SNSが普及して世間一般にも浸透しだしている宇宙の新常識が明かになります。

 

解説してくれるのは、なんと宇宙飛行士の野口聡一さん、スタジオには来ていませんが中継で生出演していただけています。

 

内容は、食事のことからトイレのことまで地球では思いもつかないような新常識が出てきます。今までの映画や漫画のイメージだと衝撃を受けるかもしれませんよ。

 

宇宙食にラーメン!?

最近の宇宙食は進歩しており、なんと三ツ星シェフの料理が持ち込めたりするようです。

 

野口さんも色々な食事を持ち込んでいるようで、なんとラーメンまでも持ち込んだそうです。ただ、宇宙ステーションにおけるラーメンの問題として、無重力なので汁がこぼれて機械にかかるため普通ではとても持ち込むことなんてできません。

 

そこで、野口さんは日清食品に相談して、なんととろみをつけたこぼれないラーメンを開発したそうです。しかも、味も醤油にとんこつ、塩と多彩な種類があるとのことです。

 

とろみがついたラーメン、宇宙に行かなくてもちょっと食べてみたいですよね。

 

排泄物の驚きの活用法とは!?

続いて紹介されたのは、排泄物の衝撃的な活用法です。

 

宇宙では、水分の不足を解消するため、なんと尿を水に変えて飲むそうです。もちろん、専用の装置があり、ちゃんとした飲用水として飲むことが出来ます。

 

ただ、びっくりするのがなんと誰の尿を飲んでいるかわからないとのこと、確かに誰と断定されるのもあまり良い気はしないですし、自分のだけ飲むというのも難しいのでしょう。

 

ちなみに、便は専用のポットで地球に送られ、大気圏で消滅させているようです。まさに、使えるものは使おうといった感じですね。

 

地球の絶景が見える!

宇宙にいると、地球の絶景が見えるそうです。

 

番組内で登場したのは、オーロラでした。宇宙からは、地球のオーロラがとてもきれいに見えているのです。

 

オーロラは、地球だと北欧や北アメリカに行かないと見れないので、こうやって眺められるのはまさに宇宙飛行士の特権ですね。

 

まとめ

今回のサタプラでは、普段なかなか聞けないような貴重な話を聞くことができました。実際に、宇宙飛行士の野口さんに解説していただけのが貴重ですよね。

 

ちなみに、最近は宇宙でもネットが繋がっており、現在宇宙ステーションに滞在している宇宙飛行士の金井宣茂さんが、Twitterで宇宙からの写真をアップしたり、様々な質問に答えたりして話題になっていますよ。

金井宣茂さんのTwitterはこちら