ふつつかの本来の意味は不注意?しっかりしている?|ことば検定1月29日

お辞儀

本日1月29日のグッドモーニング林先生のことば検定、問題は「ふつつか、本来の意味は?」です。

 

問題「ふつつか、本来の意味は?」に対し、答えの選択肢はこのようになっています。

①不注意である

 

②しっかりしている

 

③おなかが痛いの?

このうち本日の答えは、②しっかりしている でした。

 

MEMO

ふつつかはもともと太束という言葉で、太くて丈夫なことだったようです。これが平安時代に美意識にそぐわないと言われ、現在の形へと変遷していったそうです。

スポンサーリンク